金利を理解してから消費者金融を利用する

消費者金融からお金を借りるときには、
元金に対して金利という付加価値が設定されるようになっています。
そもそも、金利というのは一体どういうことを言うのでしょうか。

金融機関は、お金を貸すことによって利益を生み出すことができるようになります。
なぜかと言うと、利息を請求することが出来るようになるからです。

利息はむやみに請求できるわけではない

元金に対して付加価値を設定すると、月々のお金として
利息を請求することができるようになりますので、
利息の取り分を生み出すためには必ず金利を設定しなくてはいけません。

しかし、むやみに消費者金融が利息を請求することができるとなってしまうと、
今度は利息を請求される消費者の負担が大きくなってしまうわけです。
そこで、最初から法律によって請求することができる
利息の範囲を決めておいて、その範囲ならば好きなように
利息を請求することができるとしたわけです。

重要なのは、消費者金融が提供しているサービスの
利息の上限というのは、会社によって大きく異なることです。

上限が設定されている金利

実は賃金業法で定められている、利息に関する法律では上限は設定されていますが、下限は設定されていません。 つまり、無利息であってもお金を借りることが出来るサービスも存在するのです。
消費者金融は一つではありませんので、利息の下限を調整することによって、
より優良なサービスを提供している会社がいくつもあります。

消費者金融のサービスを利用するのならば、
このように利息の範囲が小さなサービスを利用しなくてはいけないのです。
そうすることで、返済の負担が軽減することになります。