借入可能額の上限に関する基準

消費者金融を利用する際には借入可能額があらかじめ決められていますが、
借り過ぎによる多重債務を引き起こさないようにすることを
目的に上限が設けられているのです。

借入可能額の上限は総量規制という制度によって運用されていますが、
返済能力を確実にするために
年収によって借入可能額が制限されることになります。

年収によって借り入れできる額が決まる

総量規制では年収の3分の1を上限としていますので、
貸金業法に定める登録業者であれば確実に守られている基準となります。

総量規制によって借入可能額の上限がある限り
借り過ぎによる返済不能になることを防げるわけですが、
逆に総量規制の基準を超えた融資を行っている業者は違法な業者と判断されますので、
甘い言葉で勧誘されても避ける必要があると言えます。

貸金業登録をせずに営業している業者は
法律で定める金利を超えた融資を行う可能性がありますので、
利用しないことが重要となるのです。

複数社からの借り入れでも同様

総量規制による借入可能額の上限は、1社からの借入だけではなく
複数の業者から借入した場合でも合計額が上限の対象となりますので、
複数の金融業者を利用することは月々の返済額を増やすだけで
メリットは無いと言えます。

年収によって借入可能額が制限されるわけですから、
複数の業者を利用しても年収が変わらなければ上限額も変わらないのです。
消費者金融などの貸金業者では法律に従って営業していますので、
法律に反した行為はできないのが当然です。
ですから法律を無視した融資を行う業者は避ける必要があるのです。